dog-tag

バイオハザードシリーズ非公式ファンサイト、攻略情報やその他ゲームレビューなど

バイオハザード3攻略/ファイル

バイオハザード3攻略のファイル一覧表です。
ネタバレですので閲覧注意です!

あなたのサバイバリティの向上を祈る

<攻撃オブジェクト>
ドラム缶や爆弾などの設置物を武器で撃つと様々な効果を発揮します。
ねらう時はR2ボタンを押す

 

<クイックターン>
プレイヤーが180度急回転します。
・後退中にキャンセルボタンを押す

 

<緊急脱出>
敵の攻撃を受け、行動不能な状況から早く脱出できる場合があります。
・方向キーと決定、キャンセル、R1、R2、L1ボタンを激しく連打する

 

<緊急回避>
敵の攻撃を受ける瞬間に、その攻撃をかわす場合があります。
・R1、R2ボタンを押す
・武器を構えた状態で決定ボタンを押す

<昇る/降りる>
小高い段差を昇り降りできます。
昇りたい、降りたいと思うものに向かって前進中に決定ボタンを押す

 

<MAP>
△ボタンを押すとMAP表示されます。
・屋外のMAPは決定ボタンで拡大縮小
・拡大中のみ方向キーで表示範囲を移動
・セレクトボタンでMAP切り替え

 

<ライブセレクション>
画面が白黒反転し、二つの選択肢が表示されるイベントがあります。
・方向キーと決定ボタンで選択肢を決定

 

<イベントキャンセル>
イベントによって強制的に終了できる場合があります。
・セレクトボタンを押す

 

[プレイマニュアル赤]
入手場所: 初期所持物

<弾薬調合システム>
弾薬調合には『リロードツール』と『ガンパウダー』の2つが必要です。

 

<リロードツール>
弾薬調合に必要なベースアイテムです。ガンパウダーとリロードツールを組み合わせると、その内容に見合った弾薬が調合されます。

 

<ガンパウダー>
あらゆる弾薬の調合材料です。
基本となるガンパウダーはA、B、Cの3種類あります。
CはAとBを組み合わせて作成されます。

 

<ガンパウダーの調合方法>
A、B、Cのガンパウダーを数個組み合わせることで、様々な弾薬のガンパウダーを作成できます。種類は基本を含め全13種類有ります。

 

<弾薬調合の作成例>
A・・・・・・・・・ハンドガンの弾
B・・・・・・・・・ショットガンの弾
C・・・・・・・・・グレネードの弾
A+C・・・・・・火炎弾
B+C・・・・・・硫酸弾
C+C・・・・・・冷凍弾
C+C+C・・・・・マグナムの弾

 

<グレネード弾との組み合わせ>
基本の3種類のガンパウダーとグレネード弾を直接組み合わせると特殊なグレネードの弾を作成できます。

 

<弾薬調合のレベル上昇>
同じ種類の弾薬を調合していくとその技術レベルが上昇し、弾薬作成がより有利におこなうことができます。

 

時計塔の絵葉書

時計塔が写された絵葉書だ
裏側の解説に“ラクーンシティの名所 セントミカエル時計塔”と書かれている

 

写真A

警官隊出撃のようすが写されている
写真には“9月27日”とある

 

マービンの報告書

報告書

9月24日
本日未明、市庁舎にて盗難が発生。
被害を受けたのは正門にある宝石時計で文字盤に埋め込まれた十二個の宝石の内二つが奪われた模様。現在ラクーンシティは厳戒令下にありすでに多数の警官が殉職している。そのため本件の調査を保留とする。
報告者 マービン・ブラナー

 

報告書

9月26日
本日午前10時頃、署内に逃げ込んだ42歳男性(飲食店経営)が同月24日盗難にあった市庁舎の宝石のひとつを所持しているのが死体検査で判明した。(男性は数十分後に発病したため射殺)本件は厳戒令のため調査を保留とするが証拠品である宝石はしばらく署内で保管する事とした。
報告者 マービン・ブラナー

 

デビッドのメモ

どうにかなりそうだ。こんな事になっちまうなんて。
昨日の戦いでまた人が死んだ。射撃が得意だった殺人課のメイヤーだ。
俺がゾンビどもの侵入にあわてて逃げ遅れそうになった時、奴は俺をを助けようとして応戦したんだ。そんな奴を俺は置いて逃げた。奴が俺の名を呼ぶ、そして背後から聞こえてくる絶叫。俺は恐ろしかった。怖かったんだ!

 

27日
今日バリケードをなぎ倒したゾンビどもを大量に片づけた。
俺は景気づけにウィスキーをやりながらアホづらどもにショットガンをぶっ放す。コレなら一気に数匹のミンチができる。俺は歓声を上げて奴らを撃ちまくった。すると俺に仲間がつかみかかった。
よく見るとゾンビどもと一緒に警官が数人巻き添えを喰らって転がっている。
いいじゃねぇか、いまさら。
どうせ死ぬ前のパーティなんだ。

俺が楽にしてやった仲間は三人だ。
今までゾンビに殺られた奴らを含めると十二、三人はおっ死んでる。
すいぶんとまあ、頭数がへったもんだ。
三時間後には会議室でくだらないことを検討しあう。
まったくムダだ。
俺はこの酒が無くなったら楽に死ぬつもりだ。その時が待ち遠しいね。

 

ケンド銃砲店からのFAX

S.T.A.R.S.のやんちゃ坊主達へ。

兄のジョウからうれしい知らせだ。
ついに新制式ハンドガンが完成した。
M92F S.T.A.R.S.スペシャル「サムライエッジ」と名付けたそうだ。
数あるケンド製カスタムガンの中でも最高のバランスに仕上がっているぞ。
ジョウがいうには「これだけのガンでマトをはずす野郎がいたら、おしゃぶりでもホルスターに入れておけ」とさ。

なお細かい仕様については納入時に添付しておく。
官給品とは思えないパーツのよさだ。
出資してくれる企業にキスをしてやりたくなるぞ。

 

ケンド銃砲店 ロバート・ケンド

 

レオンあてのメモ

レオン・S・ケネディへ

ラクーンシティ警察署へ配属おめでとう。

これからは俺たち先輩警官が、たっぷり可愛がってやるぜ。

楽しみにしてな。

 

ラクーンシティ警察署一同より

 

シティガイド

こんにちは、市民の皆さん!

ラクーンシティの治安のよさ、住みやすさはご存知の通りです。
ラクーンシティはクリーンな企業でおなじみのアンブレラ工場を誘致した都市です。企業からの多額の援助金は、福祉や公共施設の建設、治安維持などに惜しみなく投資されています。

 

わたしが市長になって5年目を迎えた1992年はラクーンシティにとって記念すべき年でした。アンブレラの援助金により老朽化が進んでいた市庁舎が改修され、近代的な総合病院も市内に建設されたのです。

 

街のために尽力した功績が認められ、市庁舎にわたしの銅像が建てられたのもこの年のことです。三十五年以上も前に技術者としてわたしはこの街をおとずれ、街の電化を進めて路面鉄道を開通しました。

 

先人たちの知識がラクーンシティの発展をうながし、希望あふれる今日を手にすることができたのです。わたしはその伝統を守り、街の発展にさらにこの身を捧げることを誓います。

 

ラクーンシティ市長 マイケル・ウォーレン

 

写真B

ゾンビの表情が大きく写されている
写真の裏には“得ダネ!!”とある

 

写真C

警官隊の全滅したようすが写されている

 

新聞記者の手帳

ついに押さえたぜ。
最近頻発しだした猟奇事件「人食い病」の現場だ。
人が人をかみ殺す。まるで飢えた犬っころだ。
ひどいもんだ。

かじられた腕なんか冷蔵庫にほっといた食いかけのハムみたいだ!
最近街の人間がしばしばそういう病に冒される。
原因は未だつかめていない。
現代病の不思議というやつか?
その辺をこれから探ってみるか。

 

「人食い病」が市街に多発したせいでついに厳戒令が敷かれちまった。
いまはラクーンの情報媒体全てが厳しい規制を受けている。
だが俺はそんなに甘くない。
ブン屋としてだんまりを決め込むつもりはさらさらないからな。
米国全土でこの異常な病が発生しているわけじゃないはずだ。
すぐ近くに原因となる何かが必ずある。

 

街の外周が国の軍隊に封鎖された。
それほどこの街が危険な状態ってわけだ。
市民のほとんどが死に絶え、わずかに生きてる者も病原体に接触している。
米国全域がそれに汚染されることだけは避けねばならないという判断だ。たしかに理屈じゃあ正しいよ。くそ!

発病するか食われるか、どっちにしろ逃げ場はない。
俺は死ぬまで真相を追う。
病原体の感染方法は空気感染なんかじゃない。
もっと直接的な何かだ。

 

鉄道整備士のメモ

ケビン、見習いのお前に、このわしが電車との付き合い方を教えてやろう。
この車両は68年製で、欧州から輸入したもんだ。
今じゃガタも来てるがシンプルで剛直な作りは未だに現役だ。
その信頼性はやはり高いな。
それでも作動不良を起こす事はある。
その時は機器の異常を丁寧に調べろ。
よく見て原因を理解すれば必ず対処できるはずさ。

 

作動不良や故障なんてものは、毎日手を抜かず部品の点検と交換を行えば簡単に予防できるんだ。このご老体は二日も放っておいたらヘソを曲げちまうんだからな。
じゃあ交換って時も、純正品とはいわんが見合った部品を選べ。オイルひとつとっても用途にあわせて加工しておかんと調子は悪くなるぞ。ケビン、覚えとけ。
人は機械を裏切るが機械は人間を裏切らないもんだ。

 

管理責任者のレポート

薬品管理責任者を委任するにあたり、わたしが後任の君に注意点を与える。
薬品の中には品質が不安定なものも多く温度や湿度の変化ですぐに劣化する。

貯蔵庫内の管理には特に注意せよ。
責任者が毎日チェックしなければ駄目だ。
コンピュータで24時間監視していても万全ではない。
機械は人間のパートナー以上ではないからだ。

 

薬品貯蔵庫内の入出についても君は厳重にチェックしなければならない。
貯蔵庫には劇薬も多く保管されており、持ち出しでもされたら大問題に発展する。貯蔵庫の扉は常にロックされているがそれを解いて中に社員を案内する時は必ず書類の提出をうながすこと。もし不明瞭な部分があれば即上司に通告しなくてはならない。

 

なお扉のロック解除コードについてはラクーンシティ中の誰もが見ているものにちなんでいる。かえって暗号より目立たないし、新しいものを売り出せばパスワードを更新していけるからな。パスワードは管理コンピュータの端末から入力すればよい。

 

営業所のFAX

発注書

指定薬液VT-J98
実験体NE-T型の培養に適合す
随時原液の発注を予定

UE 第六研究所

 

コンテナに残された遺言

くそったれ!誰かこれを読む者はおるのか。
わたしが死肉狂いどものエサになった後街を閉鎖していたGIどもが見つけて笑うのだろうか。

 

助けてくれ!もう駄目なのか?死にたくない!
まだわたしは生きていたい!
妻も娘もお袋も、みんな殺された。しかしそんなことはもういい。
はるかに重要なのはわたしの命だ。
こんな唐突に終わりがくるのなら、営業マンなんぞならなかった。
わたしは小説家になりたかったんだ。

「お前の人生は長いのだから」というお袋のたわごとはクソ食らえだ!
私は偉大な小説家ダリオ・ロッソとして賞賛され・・・

 

作戦指示書

UBCSエコーチーム

エコーチームは市街地を掃討し、生存している民間人を時計塔内部に避難させることが第一の目的である。
民間人はアンブレラ系列の従業員を優先して救助すること。(褒賞あり)
活性死者(汚染死亡後のゾンビと呼ばれる存在)は耐久力が高く、機能停止に追い込むのは難しい。充分警戒せよ。

 

作戦エリアからの撤退
1:撤退は作戦終了、もしくは任務の続行不可能により行う。
2:郊外に待機中の大型ヘリコプターを時計塔正面の庭に誘導する。
3:時計塔の鐘の音を合図とし本作戦の終了、もしくは失敗による。
中止を市街で作戦中の全部隊に伝達する 。

 

美術品の絵葉書

美術品の写真がついた絵葉書だ
「女神に焦がれし我が霊を捧げん。歓喜なる時は等しき時に訪れり。」
と裏側に書かれている。

 

傭兵の手帳

9月26日
作戦開始から三時間ほどしか経ってないが俺のチームで生残ったのは俺と相棒のキャンベルだけだ。まったく想像を絶する。
ゾンビの数がブリーフィングの時とはケタ違いだ。
この街はとっくに死んでいる!
俺たちはウィルス抗体を投与されているがここまで環境感染がひどいと感染する危険もありうる。今度ばかりは生きて帰れないのか。

 

9月27日
生き延びるために神経を研ぎ澄まし、ついに時計塔にたどりつくことができた。
俺達は必死だった。生き残るために傷ついた仲間から武器を奪いとり、市民をおとりにして危機を切り抜けた。
俺達はそうやって子供の頃から戦場を生き抜いてきたんだ。
その俺の前にひとりの娘が現れた。この街の生存者だ。
娘は俺の目の前で飢え死にした妹にうりうたつだった。

 

9月28日
俺はすぐにでも脱出するつもりだった。しかし娘にはその気がなかった。
一緒にいた父親が、妻の眠るこの街を離れないといったからだ。
俺は何とか娘を助けたい。だが、キャンベルは「俺達だけ生き延びられればいい!」と怒鳴った。
ああ、いつもならそうするさ。しかし、いまの俺には・・・。
この時計塔もすでに危なくなっている。
だが、もう二度と過ちを犯したくない。

 

医院長の手記

9月10日
皮膚の壊死やうっ血を初期症状に持ち意志混濁を定期的に起こし、ついには人間としての理性を失う。そうなると回復は絶望的で安楽死すら通用しない。当たり前だ。その患者は医学的にはとうに死んでいるはずなのだ。恐ろしい病だ。患者は理性を失うと重度の薬物中毒のように暴れ、飢えた虎のように生肉を欲して襲う。

 

9月18日
今日もまた発病者が運ばれてきた。まだ症状は軽いようだが・・・。わたしは幾日も睡眠を取っていない。患者が恐ろしい怪物になるのをこれ以上見過ごす訳にはいかないからだ。わたしは傍観者ではない。人を治す医者なのだ。もしわたしが倒れても残したカルテがきっと役に立つ。この病気の核心がわたしのカルテから見つかるはずだ。

 

9月26日
職員や医師の大半を発病した患者との戦いで失い、この病院を維持することはすでに不可能だ。もう遅い。力が足りなか た。見たこと無きウィルスが 原因あるとわかってから対処が後手になってしまっ た。そろそれ辛い。 わたしの 意識も もも もたな る

 

写真D

歩くゾンビのようすが写されている
写真の裏には“T-ウィルスの効果”と書かれている

 

医療機器マニュアル

アンブレラ医療機器 北米担当 ダグラス・ローパー

ワクチン培養液を作り出す合成装置を作動させるためには、まず以下の項目を実行してください。合成装置の作動準備がととのいます。

 

1:充分な電力供給をおこなう。
2:培養液ベースを装置にセットする。

 

合成装置の作動準備がととのったら、培養液合成を始めることができます。
五本あるレバーを操作して培養液合成をおこなってください。
合成割合を示す二つのゲージが増減します。
そのゲージ中央にある合成ポイントに二つのゲージを同時に合わせられれば、自動的に合成してワクチン培養液をつくり出し、合成作業は終了します。

 

写真E

襲いくるゾンビのようすが写されている

 

監視員への辞令

指令 監視員ブラヴォー16

 

1:今事件に関するあらゆる情報収集。 UBCSの監視。戦闘データの回収。
2:証拠となる施設、特に治療データを回収した医療機関等は完全に破壊。
3:各実験体の作戦遂行能力の確認。

任務終了後は指定の脱出手段を使用し速やかに脱出。
なお監視員以外の救出、出所の分かる金品の持ち出しは厳禁。

 

監視員の報告書

襲街で見た汚染体の耐久力は驚異的だ。
拳銃弾が急所にヒットしても治療なしで数日間耐える例がある。
だが発病後(病死後か?)の汚染体は予想通り思考能力が昆虫並みに低下してしまう。

 

しかし死者が蘇るという嫌悪感は戦場では重大な問題だ。用途を敵の士気の低下、かく乱にしぼり、例えば捕虜にウィルスを投与して逃がす。

そうして戻った捕虜が獣と化せばどうなるのか。
その有効性は非常に高いだろう。

 

汚染の激しい地域ではよく動植物の突然変異を生み出しているようだ。
偶発的発生とはいえ、生物兵器開発にはよいサンプルになるかもしれない。
無論あんなものを連れ帰れはしないが。

事前に巨大なアリゲーターの存在が報告されていたが、わたしは土中をうごめく恐ろしく巨大な生物と遭遇し、命を危険にさらしている。これについては何が巨大化したのかは考えたくない。

 

“NEMESIS”に遭遇する。
事前に知っていなければ奴に汚染される所だった。
まだ市街をうろついているとなると命令が終了していないということか。
奴につけ狙われて生き延びているとはS.T.A.R.S.の隊員は、よほど生存術に長けているらしい。

 

作戦本部からのFAX

ラクーンシティは見すてられた。
我々の議会への作戦遅延工作は、すでに限界を超えている。
全ての監視員は速やかに脱出せよ。明朝米軍は作戦を実行する。
街は夜明けとともに確実に消滅する。

 

工場管理者の日記

4月25日
今日ぼくの30歳の誕生日だ。そんな日に赴任初日をあてるなんて、大学の研究室とは違って厳しいね。

 

5月14日
ようやく処理システムが完成だ。特別なガスを使い、実験体の細胞を分解する。しばらくテストをしてからの実用化だけど、まだ不安定だからね。

 

5月20日
処理室のチェック中、いきなりドアが開かなくなった。ものスゴイ臭いの中で一時間も閉じ込められた。カードキーを持っていても故障しちゃあ意味がない。まいったよ。

 

6月7日
最近の処理量は普通じゃない。機械の調子もよくないのにさ。研究所側は全く聞き入れない。くそっ!あのフランケンシュタイン博士め!

 

7月16日
処理がパンクしている。送られて来る処理用の薬液の品質もひどい。

 

7月29日
機能は低下しても処理は大量にある。汚染度は上がり、ウィルス抗体も新種には対応しきれない。作業員には感染者も出始めた。

ぼくは拳銃を片手に作業している。最後の一発は自殺用だ。泣きたい。このまま死にたくない。死の苦痛を想像すると嫌になる・・・。

 

処理工場警備マニュアル

― 工場の警備について ―

処理工場は外見上廃工場を改修した施設のため、ごくまれに民間人が入り込んでしまう場合がある。その時には速やかに射殺せよ。また投降した場合は逮捕し人体実験用として研究所に輸送する。その際には研究所から手当てが給付される。

 

機械警備システム

工場内は防疫システムによって管理されている。処理室や分解プールの汚染が検出された場合、工場内の一部はオートロックされる。

 

その際マニュアル通りに対処を行い、処理した場合はシステムのロックを手動で解除する。許容を越えた汚染が発生した場合施設をすべてロックし指示を待つ。勝手に工場外に脱出した者は理由のいかんに関わらず射殺する。

 

焼却処理工場マニュアル

焼却処理工場は各研究施設で発生する廃棄物を処理する機構の一つである。
ガス処理室で化学処理しきれなかった 廃棄物や旧式の研究器材などをこの工場は焼却処理し、火力発電により研究施設への電力供給も行っている。

 

発電によって発生する大電力の一部は工場地下に設置された大型蓄電池に蓄電され、有事の際の非常用電源として機能するようになっている。

 

非常用電源回路は設置された三つの非常回路ユニットがソケットに接続されて初めて始動する。もしも接続がなされない場合は全ての 非常回路ユニットを人力で挿入しシステムを強制起動する方法もある。

 

極秘写真ファイル

焼却処理工場は各研究施設で発生する廃棄物を処理する機構の一つである。

ガス処理室で化学処理しきれなかった廃棄物や旧式の研究器材などをこの工場は焼却処理し、火力発電により研究施設への電力供給も行っている。発電によって発生する大電力の一部は工場地下に設置された大型蓄電池に蓄電され、有事の際の非常用電源として機能するようになっている。

 

非常用電源回路は設置された三つの非常回路ユニットがソケットに接続されて初めて始動する。もしも接続がなされない場合は全ての 非常回路ユニットを人力で挿入しシステムを強制起動する方法もある。

 

この“パラケルススの魔剣”を実戦投入するにはまだ早いと思うが、アンブレラが開発したGウィルスを奪取する作戦の切り札として必要ならば致し方ない。レールキャノンの威力は申し分ないが問題点も多いので注意してほしい。合衆国の栄光のため、反逆する者どもに磁力の鉄槌をくだしてやれ。

 

技術大佐 フランクリン・ハート

 

ジルの日記

8月7日
あの日から2週間が経っていた。
身体の傷はすでに消え、周囲の私に対するぎこちない気遣いもなくなった。
人々にとって、それはもう過ぎ去ったことなのだ。
しかし私は目を閉じるたびに、それが鮮明によみがえってくる。
生肉を食らう人のなれの果て、怪物に生きながらむさぼられる仲間の悲鳴。
心の傷は今も消えてはいないのだ。

 

8月13日
クリスは最近もめごとを起こすことが多くなった。
あまり他の署員と口をきかなくなり、いつもいらいらとしている。
この前など、少しコーヒーのしずくが飛んだだけで少年課のエルランを殴り倒してしまったのだ。
私はすぐに止めたが、彼は私を見ると軽くウインクをして行ってしまった。
彼はどうしてしまったのか・・・。

 

8月15日
深夜、謹慎を命じられているクリスに呼ばれ、私は彼のアパートをたずねた。
クリスは私を部屋に通すとすぐに数枚の紙片を押しつける。
それは“G”とだけ題された、ウィルス研究論文の一部であった。
クリスは、「悪夢の続きだ」といった。「まだ、あれは終わっていない」と。
彼はあの日以来、休息もなく戦いつづけていたのだ。私にすら告げずに。

 

8月24日
今日、クリスは欧州へ旅立つために街を離れた。
バリーは一度家族をカナダへおくり、その後に追うといっていた。
私はラクーンシティに残ることになる。
この街に残る研究施設が重要な施設であることを知っていたからだ。
クリス達には一ヶ月ほど遅れるが、欧州のどこかで彼らと落ち合うことになるだろう。その時こそ、私の本当の戦いは始まるのだ。

 

Return Top